求人でいうところの中高年というのは40代が中年で、50代を高年といった感じでしょうか。

40代で転職する場合は資格を持っているか、かなりの経験・実績があることが大事ではないでしょうか。

更に50代になってくると求人もかなり少なくなってきますし、定年退職までの時間も少なくなってきますので、40代よりももっと求人が減ってしまいます。

そんな時にやはり必要になってくるのが、資格ではないでしょうか?
資格は余程の事がないとなくなりません。

特に保育士さんや看護師さんなどは都内近郊ではかなり求人数があるのに対して、働き手が少ないので働く場所はたくさんあるのが現状のようです。

ただ看護師さんの場合は総合病院というよりは、クリニックなどの求人を希望する方が多いので選り好みをしてしまうとそれはそれで求人がないこともあるようです。

保育士さんの場合は保育士さん1人に対して何人の子どもをみれるかが決まっています。

ですから保育士さんが不足してしまうと保育園を運営できなくなってしまいますので求人をかけるようです。

ですから中高年での転職を考える上では、保育士資格を取るというのも求人がある業界を選択する上では手かもしれませんね。

しかしながら中高年での転職は、雇う側の社員が新入りなのに年上で使いづらいというのも実際のところあるのでしょうね。